産後のよくあるお悩み

体重を戻したい

骨盤調整を含む全身整体により、出産で歪んだ体を整え、血行を促すことで、むくみが取れます。 出産後の骨盤の戻りが悪い、産後の体重や体型をもとに戻したいという方は是非ご相談ください。 また、血液循環をよくすることで母乳がよく出るようになります。
赤ちゃんにたくさん母乳を吸ってもらうことで、体重も適正になっていきます。

骨盤が歪む

妊娠するとリラキシンというホルモンにより、骨盤の靭帯をゆるめ、骨盤を開きやすくすることで産道を作ります。開いた骨盤を元に戻すには適切な骨盤ケアが必要です。
骨盤のゆがみは尿漏れ、腰痛、冷え、子宮脱等々・・・さまざまなトラブルを引き起こします。またスタイルの維持や健康な肌のためにも骨盤ケアは今後の女性の生活に取っても重要なことです。当院では産後リカバリーピラティス指導者認定を持つ専門の理学療法士による骨盤を正しい位置に導くためのプログラムをご用意しております。

腰痛が激しい

妊娠中は身体の変化により、普段より筋肉や関節に負担がかかっております。
そして産後は赤ちゃんを抱っこし続ける日々が始まり、腰に負担がかかり続けます。
骨盤調整を含む整体により、出産で歪んだ体を整え、日々の疲れを癒すことをお勧めしております。

頭痛がする

出産後に頭痛を訴えるママは意外なほど多いものです。育児で忙しいというのに、こめかみが脈打つようにズキズキしたり、鉢巻きを巻いたように頭が締め付けられたり……。こういった症状はめずらしいことではないのです。

産後頭痛の原因の一つに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。妊娠が進むと「リラキシン」というホルモンが分泌され、それに伴い出産のために骨盤周囲の靭帯が緩んでいきます。リラキシンが出ている間は、関節が柔らかくなるために、骨盤含む全身が歪みやすくなります。リラキシンは妊娠中から産後6か月頃まで分泌されており、この間に骨盤が歪んでしまうことがあります。この状態で出産しリラキシンの分泌が止まった後適切なケアを行わないでいると、骨盤だけでなく胸椎や頸椎も歪んだまま固定されてしまうため、頸部の神経や血管が圧迫され頭痛を生じやすい状態になってしまうのです。

また、産後は授乳をするようになりますが、授乳をすると当然ながら体内の水分が失われていくために、血液が濃くなり同時に血流が悪くなりがちです。そのために授乳中は水分不足による偏頭痛やめまいを起こすことがあるのです。

ほかにも、産後頭痛の大きな原因となるのが睡眠不足です。出産直後は、出産により大きなダメージを受けた脳と心身を休ませるためにとても大切な時期ですが、同時に赤ちゃんの夜泣きや授乳などで夜間ひっきりなしに起きなくてはならない時期でもあります。当然ながら寝不足になることが実に多くなります。睡眠不足になると脳の血流が低下するため、当然ながら頭痛が起こりやすくなります。また頭痛のみならずほかの身体不調も現れやすくなるのがこの時期です。

血圧が高い

産後12週位まで高血圧の状態が続く場合、産後高血圧と呼ばれ本格的な治療が必要となります。降圧剤を使用すると母乳育児ができなくなるので、ご自身で出来る対策としては、減塩生活を心がけていただくことです。
当院では管理栄養士による食事アドバイスやメニュー提案を行っております。
我慢するだけの食生活ではなく、美味しく健康になるためのアドバイスを提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

お腹を引き締めたい

妊娠中にお腹が大きくなることにより、伸びたお腹の皮膚や筋肉が出産によって、たるみます。また骨盤が開いてしまうこともお腹のたるみの大きな原因です。
出産による体への負担が軽減してくる産後1か月頃から6か月頃までの間に有効なエクセサイズをすることで、これを改善することができます。
ピラティスは、インナーマッスルに働きかけ鍛えることで基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼させやすくし、また歪んだ骨盤を整える効果もあるので、産後のダイエットには最も適した運動といえます。当院では産後リカバリーピラティス指導者認定を持つ専門の理学療法士によるプログラムをご用意しておりますので、身体に余計な負担をかけず安心してご受講いただけます。

骨盤整体

産後、体型や体重の変化をはじめ体調不良で悩んでいる方は多いものです。これらの不調、産後の体型・体重変化の大きな原因の一つが、「骨盤の歪み」にあります。骨盤は出産を通して大きく歪みます。整体をはじめとする正しい知識をもってケアすることで、骨盤の歪みによる体型の崩れを防ぐことができます。

個人差はありますが、骨盤整体は産後0~2か月から半年の間が最も効果的だと考えられています。出産時に最大に開かれた骨盤は、遅くとも産後半年くらいまでには、固定されていきます。しかし骨盤に歪みが生じていたり、産後の負荷が大きい場合には、歪みがもとに戻らないまま固定されてしまうことになります。

したがって、骨盤が固まるまでの間に、骨盤を正しい位置に戻してあげることが大切です。産後の正しい骨盤矯正には、いくつか方法がありますが、普段から専用のインナーを着用したり、ヨガやピラティスなどで調整したりする方法もあります。回復具合にもよりますが、自宅でのエクササイズを行うほか、整体などの施術を受けるなどの方法があります。

頭痛腰痛改善

出産後は、育児に追われて自分の体に時間をかけられないというママがほとんどです。頭痛や腰痛といった不調を感じていても、自分の体調管理に割く時間がなく後回しにしているようです。また、実際に治療を受けたくても、診察に行く時間もなかったり、子連れでは受診できない医院だったりといったこともあります。それに、授乳中は薬を飲むことにも制限があるため、満足な治療を受けられないままに痛みや不調を我慢しているケースが増えているようです。

当院では、そういった痛みや不調に対して多面的にアプローチし、ママの疲労回復に焦点を当てたケアを行っています。不調を抱えたままでは、育児を楽しむこともできず逆にストレスで苦しんでしまうことにもなりかねません。当院では、お子さんと一緒に来院していただくことができます。頭痛や腰痛といった症状だけでなく、精神的不調なども含め包括的に対応していますのでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

Web予約はこちら TEL:03-5789-2590